保険相談事例

ケース1
ケース1
今の保険は保険料が更新になる
(保険の更新が近い)
保険ストアの考え
保険ストアでは、お客様のライフスタイルや保険料のご予算に合わせ、複数の保険会社の商品からお客様とご一緒に最適な保険商品をチョイスしています。もちろん保険料の更新がない形でも、しっかり保障を確保頂いておりますので、「いずれまた保険料が更新する…」などのご心配もなく、ご安心してお見直しいただけます。
解決方法
保険料の更新が発生するという事は、保険期間が定期型(特約含む)の保険商品に加入されている事が推測できます。終身タイプの保険商品にお見直し頂くことで保険料の更新をなくすことができます。また、必要な保障を必要な期間のみ準備するなど、終身タイプと定期タイプを組み合わせ、長期的な視点での保険設計を御客様と保険ストア担当者が共有し合う事で、更新での保険料負担の増加を防ぐことも可能です。
ケース2
ケース2
保険料を下げたい
保険ストアの考え
保険ストアでは、長期的にお支払される保険料ですので、ご無理の無いように御支払頂くことが一番と考えています。お見直しに当たって、まずご予算をしっかりお聞きし、その中でお客様にとって最適と判断できる保険商品を御提案致します。
解決方法
単純に保険を削って保険料を下げるだけでは、良い見直しとは言えません。保険ストアでは、御客様それぞれの生活スタイルや遺族年金等の社会保障を加味しながら、お客様にとって必要な保障額と必要な期間を算出し、過不足のない保険商品をご予算に合わせ、効率の良い保険設計致します。
ケース3
ケース3
持病があるけど保険に加入できる?
保険ストアの考え
持病があるからと言って、保険に加入できないと言ったことはありません。
保険ストアは、保険加入をあきらめていたお客様にも、安心して保険にご加入頂きたいと考えております。
解決方法
まず、世間一般的な「健康」という言葉と保険加入における「健康」という言葉は全く異なるといっても過言ではありません。持病と言っても、軽度の疾病から重度の疾病、一時的な疾病から慢性的な疾病まで、お客様によって、状況が異なります。保険ストアでは、お客様の現在のご健康状態や今までの治療内容や服薬歴など様々な観点から、お客様にあった保険商品を経験豊富なスタッフがチョイスしております。もちろん、ご案内できる保険がない場合もありますが、「あきらめずに保険ストアに相談してよかった。」というお声も多く頂いております。
お気軽にお問合せ/ご相談ください。
ケース4
ケース4
掛捨ては嫌だ
もったいない
保険ストアの考え
何十年と長期的に御支払頂く保険料ですので、御支払総額はかなりの金額になります。
お客様に「もったいない…」と言うお考えがあっても仕方ないと思います。しかし、全く加入しないのも不安…保険ストアはかそんなお客様へもご納得頂ける保険プランをご準備いたします。
解決方法
入院や手術の場合、万が一の死亡した場合だけでなく、急遽資金が必要となった場合や、老後への貯蓄も兼ね備えた保険商品など、お客様の必要保障額と資産形成のバランスをしっかり取りながら、保障と資産形成を兼ね備えた保険商品をご提案致します。
もちろん、保険料予算の中でご提案致しますので、ご安心してご継続いただける保険商品をご準備いたします。
保険相談についてメニュー
  • 保険相談の流れ
  • よくあるご質問
無料相談・お問い合わせはこちらから